バヌアツ通信 → バヌアツ人の戦争体験

バヌアツ人の戦争体験  原作の紹介と目次 (初出 2009/1、改訂 2010/4)

バヌアツを離れる直前、「Ni-Vanuatu Memories of World War Ⅱ」(バヌアツ人の第二次大戦の記憶)と題する本を見つけた。タイトルが気にかかっていたが、バヌアツ民話の和訳連載が終わるまで手がつかず、本棚に眠っていた。2009年1月から翌年3月まで和訳連載したものを、原著の順に沿って整理してここに再掲載する。

著者は、バヌアツに派遣されたニュージーランド人の教師夫妻である。高校生たちに祖父母の戦争経験を聞き出させ、それを記録させる学習課題としてスタートし、夫妻自身で収録した話を加え、一冊の本にまとめたという。98年の初版以来、3度増刷されたのを見ると、この本には根強いニーズあるようだ。

バヌアツ人の戦争体験とは、ガダルカナル島で日本軍と戦ったアメリカ軍との接触を指す。バヌアツが米軍の後方基地だったことは、バヌアツに行って初めて知った。ガダルカナルは日本軍が進撃した最南端の島で、バヌアツ(当時はニューヘブリデス)はそのすぐ南隣に位置する。米軍はそこに10万を派兵し、日本軍と戦ったのである。

バヌアツの玄関口、バゥワーフィールド国際空港は、米軍飛行場を改良したもので、日本軍の戦闘機を11機撃墜して戦死した米軍エースパイロット、バゥワー大尉を顕彰して名付けられた。その栄誉を記したパネルが、日本がODAで建てた空港ターミナルに掲げられているが、それを見る度に、複雑な思いが心をよぎった。

バヌアツの浜辺には、今も古いコカコーラの瓶がうちあげられる。日本軍と戦った米軍兵士が飲み捨てたものだ。一方の日本軍では、ガダルカナルに上陸した兵士3万1千の半数が餓死した。コーラ飲み放題だった側と、無謀な戦いで自滅した側との落差にも、胸が痛む。

バヌアツにも部族間の争いがあり、敗将を食う風習も20世紀半ばまで残っていたが、彼等が「軍隊」を見たのは、これが初めてだった。彼等の目に米軍がどう映ったか、米軍がバヌアツ人とどう接したのか、あの戦争のもう一方の当事者だった日本人として、関心を持たざるをえない。

ここにご紹介する和訳は、原文の内容を変えない範囲で、柔軟に意訳したものとご理解いただきたい。また、原作者の著作権に配慮し、掲載された内容の引用や転載はご遠慮いただきたい。

 参考資料: ガダルカナル戦 略年表: 日本軍と米軍の動きを時系列で追う

       「楽園に戦雲が轟いた頃」:観光地図で見つけた太平洋戦争時のバヌアツを語る記事と写真  

       米軍の痕跡: 筆者が撮影した米軍の活動に関連する写真

参考情報:
(ボタンをクリック)

 

参考地図:


 

当サイトに掲載したバヌアツ駐留米軍の関連記事:
・第二次大戦とエファテ島 
・エファテ島一周ツアー
・サント島1/3周


 
目次 (左欄をクリックすると各記事にジャンプします)
目次 記事 内容
はじめに まえがき
本を作った経緯
戦争の概要
戦争の日々(高校生のレポート)
第二次大戦時のあまり知られていないバヌアツの役割
ミッチナーが「南太平洋」で書いたバヌアツ
著者がこの本を書いた経緯
太平洋地域における戦争の概要とバヌアツでの出来事
マレクラ島 アメリカ軍が来るまで
アメリカの兵隊さんが来た
マレクラ島で徴兵された初期の部隊での体験
アメリカ兵とバヌアツ女性の知恵比べの歌
エロマンゴ島 祖父から聞いた話 アメリカが大好きだった祖父から聞いた戦争体験
エファテ島 メレ村での出来事
道路を拓く
シヴィリ村で
バウナンギスで
墜落機から恋人宛の手紙を回収したパイロット
米軍に雇われた少年の活躍
村人が見たもの、関わったこと
戦争初期の米軍は村人とどう接したか
レレパ島 レレパ島で見たもの 黒人兵が起こしたトラブル
ウグナ島 あっちの島からこっちの島から
トム・タソンの話
総動員の歌
駆り出された青年が見たアメリカ軍進駐の一部始終
ペンテコスト島 ハーパー・リニ氏の記憶
ペンテコスト島での出来事
飛行機が墜ちた
二人の子息が首相になった長老の体験談
飛行機の墜落事故
飛行士を悼む歌
ペンテコスト島
その2
ハーパー・リニ氏の記憶、その2
エダのラブソング
アメリカ兵と島民のトラブル、日本軍の潜水艦撃沈
海兵隊女性兵士への憧れの歌
アンバエ島 ジェイコブ酋長の話
ジェームス牧師の話
危機一髪(ニアミス)

離島から徴用された男たちの仕事
アメリカ軍が好かれた理由
飛行機の墜落事故
タンナ島 祖父の戦争の記憶
真っ暗闇
タンナ島の男たちの話

故郷と家族を思いつつ激務を遂行した離島民たち
歩哨に撃たれそうになった話
ヤーケル村の大長老の回想
マロ島 米艦タッカー号の沈没事故
測量士の話
米海軍基地のあったセゴンド水道で目撃したこと
測量隊の仕事
サント島 チャーリー・ロクロク氏の話
アンナ・ロクロクさんの記憶
サレ・ワルセン氏の話
モルバラウ氏の話
軍用犬のこと
日本軍の女性パイロットを目撃?
女性が見た戦争
自分の土地がレ-ダー基地に
射撃訓練で丸裸にされた島
原爆投下で軍用犬導入が中止になった話
サント島
その2
サント島南部の殺人事件
タイタス博士の回想
米兵による島民殺人事件とその意外な結末
神学博士号を持つバヌアツ人のインテリが戦争を語る
サント島
その3
1994年カタリナ遭難機発見
アメリカさん、さようなら、
送別の歌
戦後50年を経て発見された遭難飛行艇
発掘にあたったバヌアツ人とアメリカ人の協力
米国の遭難機発掘調査隊への送別の歌
あとがき 初版から5年後の1993年、第3版のあとがきとして書かれたもの

トップページに戻る